ぷくたん(旧ムスカを愛するVIPPER)の偽タイガーマスク運動ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【絶対にスベられないお祭りが】下関大平学園の夏祭りにゲストとして参加してきた。【そこにはある】

    毎年、下関大平学園で行われている夏祭り。
    なんとゲストとしてぷくたんが呼ばれたのである。
    以前ブログでも書いた通り、一年で一番大切な卒園生を送る会で前代未聞の醜態を晒した男を呼んだ。
    これはつまり、お祭りで適度にスベってくれということであろう。
    現にヒーローショーをやってくれともトークショーをやってくれとも言われていない。
    先方もノープランだ。
    ならばこちらもノープランだ。

    「じゃあ適当に募金箱持って会場内をうろうろします」
    「おk」


    ただ募金箱を持ってうろうろするだけだとアレなので募金してくれた人にうまい棒をあげることにした。
    なかなか狡い作戦である。

    そして夏祭りの日が近づいてきた。
    下関大平学園のホームページに夏祭りの紹介ポスターがアップされた。
    見たらぷくたんの画像がセンターに!となりには山口県住みます芸人のどさけんさんが!

    打ち合わせに行ったときに例の如く職員Aは

    「どっちが当日こども達から人気があるか勝負ですね(ニヤニヤ)」

    同じ土俵で戦わせようとしている・・・これはひどい。
    山口県外の人には馴染みがないかもしれないが、どさけんさんは下関市に住んでいてちょいちょい地域のイベントに登場しているので知名度はある。見た目とキャラクターからも人気はあるはず。

    一方ぷくたんは下関大平学園内では知名度100%だが、人気どうこうと言うより、何だか様子がおかしい人という認識である。

    そして当日・・・
    去年は台風の影響で中止になったが今年は数日前に梅雨明けしており快晴そのもの。
    ぷくたんとしてのコンディションとしては熾烈なアウェイ戦である。
    5月の時点で連続して5分以上被っていられないのにこの気温はマズい。
    会場で倒れてその場でマスク剥ぎだけは何とか避けないと。

    一抹の不安を抱えつつ下関大平学園へ到着。荷物を降ろしているとタクシーからどさけんさん登場。すぐに人が寄ってきて写真撮影に応じている。
    控室はどさけんと同じ部屋でどさけんさんが控室に入る前に職員Aが

    「どさけんさん、人集まってますよ!ぷくたん負けてますよ!」
    「鬼か。」


    まだぷくたんの中の人の状態なんだからっ!

    そしてどさけんさんが控室に入り、続いて園長が入ってきた。
    園長はまず、どさけんさんに「今日はよろしくお願いします。云々。」と丁寧なあいさつをし、続いて私に
    「今日は前回のリベンジやぞ!スベったら次はないからな!」
    えーっと今日はゲストとして呼ばれたということでよろしいでしょうか、園長。
    そしてまた職員Aが
    「じゃあそろそろぷくたんは着替えを・・・」
    「変身です。」

    もう設定がどんどんザルになってる。

    そして着替え、じゃなかった、変身を終えた私は受付近辺へ・・・
    颯爽と登場。
    どよめく会場。
    引きつる表情。

    自分で言うのも何だが、意外と小さい子が泣かない。
    むしろ、どさけんさんを知らないぐらいの小さいこども達からは興味を持たれて近づいてきた。
    それに気を良くして追いかけるさまはギリギリアウトだったに違いない。

    そして異変は訪れた。
    暑い。
    暑すぎる。
    昔は汗かきだったのに今は運動してもじわっと湿る程度。
    それなのにマスク内だけは滝汗。

    こりゃたまわんと控室に退散。
    時計を見ると5分しか経っていない。
    身体が持たない。
    そもそもまだ始まっていない。
    お祭りは2時間ある。

    余談だがガチのヒーローショーを演じている人は後半汗で全然前が見えてないと思う。
    それでもやり遂げる気力と体力、これがヒーローがヒーローたる所以。

    は?ぷくたんもヒーロー?
    知らんがな。
    5分おきはあんまりなので10分おきで休憩は取らせていただく。

    結果的に倒れることなく、
    序盤はウロウロして
    中盤の小学生が踊るジュウオウダンスに乱入して
    終盤は募金箱を持ってウロウロした。
    用意したうまい棒150本は完売した。

    印象に残っていることが2つある。

    ひとつは、下関大平学園の子が募金をしてくれるのである。
    在園児の比率もあると思うが中学生以上の男の子からの募金が多かった。
    中には千円札を入れてくれた子もいて驚いた。

    私が中学生のときに募金をしたことが無いどころか、コンビニの募金箱に1円すら入れたことが無い。

    限られたお小遣いをやりくりしている中で、自分以外のことの為にお金が出せるってなかなかできるものではない。

    こども達に何かしてあげたいと短絡的に考えていた浅はかさを痛感した。
    何かしてあげるだけじゃなく、何かしてもらうこと。
    両方が揃うことでより良い関係が築き上げるのではないか。
    こども達から教わることはまだまだありそうである。

    そしてもうひとつは、19時過ぎて薄暗くなってきた頃のことである。
    3歳ぐらいの男の子がずっと私のあとを追ってきた。
    マスク装着+薄暗さで視界が怪しくなってきたので距離を取ろうとしていたのだが諦めずに距離を詰めてくる。
    それも私の左に来ようとしている。
    なんとなく察したので左手を開けて待っていたら手をつないできた。

    お祭りは一般客も大勢来るし家族連れが多い。
    職員さん達もお祭り全体の進行をメインに行動しているのでこども達一人ひとりにベッタリというわけにもいかない。

    つないだ以上、こちらから離すわけにもいかず、さてどうしようかと思っていたら1分後、友達が来てこちらを見ることなく去って行った。
    その1分間、ぷくたんはヒーローだったかな。

    さて、お祭りが終わりお見送りまでして説教部屋・・・もとい控室へ。
    トトロみたいな体型の園長がトトロみたいなキャラクターのシャツを着て登場。
    どうやら好感触だったようで募金もたくさん集まったようである。
    どうやら今回でお役御免という訳ではなさそうである。
    本当にこれが一番心配だったんだから!



    スポンサーサイト

    【ヒーローとは】下関大平学園に額入りの山口新聞記事の切り抜きを届けてきた【なんたる辱め】

    京都のりちおさんから指令を受けました。
    山口新聞から3月5日の新聞とぷくたんの写真を入手した。
    額に入れて送るからデコって下関大平学園へ届けよ。

    これは何かの冗談か。
    どうやら本気らしい。
    ヤマトが届けに来た。
    開けたら微妙にスペースがある。
    変な気遣いいらないのに。
    しょうがないから私と妻とでデコりましたよ。
    そして任務遂行へ。

    仕事帰りにスーツ姿で行っても顔パスでない方が多く、このセリフを言わなければならない。
    「ぷくたんです。」

    どうだい?頭が悪そうだろ?
    ここでしか通じない魔法の言葉。

    魔法の言葉でいつも私の正面にいる方は苦笑いになるんだよ。

    園長先生がいたので事情を説明してなかば無理やり渡した。
    私の家に飾っておきなさいと言われたら詰むから。

    とにかく無事に撤収することができて一安心である。

    関係者各位:下関大平学園に直接送ってください。
    kiji



    【ウェブ版も掲載】山口新聞に掲載されました。【ツイッター見られている疑惑】

    先日のぷくたんグダグダデビュー戦を山口新聞さんが記事にしてくれた。
    なんとウェブ版でも紙面と同じ記事をうpしているではないか。
    匿名で寄付続ける「ぷくたん」、大平学園に初めて姿現す-下関

    タイトルからしてジワジワくる。
    暖かくなって今年初の変質者が出た的な。

    記事になるに当たり私が是非掲載して欲しいことが3点あり、それをツイッターで呟いていた。
    tuitta.jpg

    「他力本願」については記者さん(若い女性・ぷくたんの好み)も取材時に同意していたが、残りの二つは難色を示していた。
    きっかけが悪ふざけ(いたずら)というのは今回の事柄と比較してあまりにもイメージが悪い。
    もう一つの「スベった」という言葉は新聞で活字で表現にするには問題があるとのこと。

    でも、きっかけの悪ふざけを隠して良い話に終始しても「ムスカを愛するVIPPER」が誕生したときのことを知っている人にはそれが嘘だとわかる。
    スベったかどうかはあの場にいた全員がわかるwww

    新聞とは真実を伝えるメディアではないのか。
    その答えが出た。

    なんかもう全部出てるwwwwwww若い女性記者がどうやってねじこんだんだwwwwwというかツイートみたでしょコレwww


    実は以前から山口新聞はこういうスタンスなのである。
    私がムスカを愛するVIPPERでランドセル凸したときも他の新聞はラピュタの悪役にちなんで等ボカした表現であったが、山口新聞だけは「ムスカを愛するVIPPER」ときちんと表記したのである。
    新聞社が読者にどう伝えたいかより、対象者が読者にどう伝えたいかを重視していると考えられる。

    これが地元新聞の強みか。
    これはお礼せねばなるまいと突貫でトートバッグを制作。
    表
    裏
    山口新聞編集部へ凸!
    生憎、担当の記者さんは不在だったが、対応してくれた方に颯爽と名刺を渡して「ちょwww本人wwwwww」という爆撃を演出して退出。

    スピードが勝負ですね、はい。

    【Lサイズ】Printstar(プリントスター) ポリキャンバス トートバッグ【00764-PCB】TOTE・手提げ・サブBAG・大きいサイズP19Jul15


    【デビュー日が】ぷくたん、下関大平学園の卒園式でデビュー【命日に?】

    はい、どうも。ぷくたんです。以前までムスカを愛するVIPPERを名乗ってました。
    訳あって1年半前に鬱病になり、いまだ休職中。
    戻ったとしても根本的なところが解決してないからまたすぐにダウンするだろうなという不安。

    そんな中、知人にとある会社を紹介してもらいました。
    家の近所にオリジナルTシャツを作れる会社があったのです。
    制服なし、金髪ピアスOKでホントに金髪の人が2人いました。

    鬱病で暇ならいつでも遊びに来ていいよと言われたので遊びに行ってました。
    雑用やデータの管理などを手伝いました。
    少しだけど給料も払うよと言われました。
    休職中の身なのでお金を貰うわけにはいかないので社長のポケットマネーでご飯やジュースを奢って貰いました。

    社長からいろんな話を聞きその中でタイガーフークの話が出ました。
    タイガーフークは下関市のローカルヒーローです。
    海峡戦士タイガーフーク
    タイガーフークは今年デビュー3周年を迎えました。
    元々ビジュアルがしっかりしていて王道なイメージでしたが最近はその活動に磨きがかかっています。

    それを見て、私はこう思いました。

    「そうだ、ワシもヒーローに、なろうwww」

    行動力だけは定評がある私です。
    下関と言えばふぐぐらしかないのでやはりふぐ頼みです。
    タイガーフークもトラフグの魂が宿っています。
    でも、パッと見、ふぐには見えないから私がふぐに見えるヒーローならセーフ!
    そしてタイガーフークは王道なのでぷくたんは邪道でいく。
    これで住み分けは出来ますし万が一ニコイチの活動があっても陰と陽で相乗効果アリ←もちろんタイガーフークが陽です。

    早速妻にヒーローになると宣言したときに妻はもちろん反対しました。
    ですがデザインを描いてくれと頼んだところ数種類描いてくれました。
    そう言えば妻は中学生の時に美術部でした。
    イラストをパッと描くことができるのです。
    得意なことを頼まれるのは悪い気がしないのでしょう。
    単純な妻で良かったです。

    手描きのイラストを私がペイントで作成
    ぷくたん原画、前
    ぷくたん原画、後

    ドラえもんに見えた人、眼科へどうぞ。
    うまい棒のアレに見えた人も眼科へどうぞ。
    完全オリジナルなぷくたんです。

    原画が出来たら次はマスクです。
    イバライガーという茨城県のマジなローカルヒーローが造形もしているので依頼しました。
    「うつぎ基地」 イバライガー、ヒーローマスクスーツ製作・造型、日々など

    ヒーローと言えば、マスクとスーツでワンセットです。
    が、ぷくたんはスーツが似合う体型ではないのでスーツは作りません。
    代わりに前述の近所の会社でオリジナルTシャツを作ってもらいそれを着ます。
    Tシャツのコストはスーツのそれよりも遥かに安く、着替え・・・じゃなかった換装が容易にできます。
    問題はズボンです。
    ジーパンぐらいしか家にありません。
    色々探してたら辿り着きました。

    サルエルパンツ~♪(ドラえもん絶対無関係)

    メンズOK!プレーンカラーレーヨンサルエルパンツ[アジアン ファッション エスニック ファッション ボヘミアン][アラジンパンツ バルーン サムエル]|ロングパンツ サルエルパンツ|ロングパンツ ナイロン・レーヨン・ポリエステル|




    あとはブーツをヤフーショッピングで買いました。
    Tシャツの下の長袖インナーをユニクロで買いました。
    親指・人差し指・中指が途中で切れている手袋をダイソーで買いました。
    ぷくたんの状態でカメラが操作する為には指がある程度フリーである必要があるからです。
    ちなみにぷくたんの状態でカメラを触ったことはありません。
    シールド(目隠し)で手元が見えにくいのです。

    こうしてカタチから入りました。
    Tシャツ第1号はにわかファンになったレノファ山口です。
    去年の最終節を鳥取まで観戦に連れて行ってもらいました。
    チケットを買うときに知らないおばちゃんが、余ってるからあげるとメインスタンドのチケットをくれました。
    その席が偶然にも試合後のセレモニーを行う場所の正面でした。
    写真は私が撮影したものです。
    笑ったら負け

    ホームページを作りフェイスブックのページも作りました。
    名刺も作りました。名刺

    取りあえずやるべきことはやったのであとは流れに身を任せよう。
    恐ろしいぐらいのノープランです。
    みんなからお前本当に大丈夫か?と言われました。
    大丈夫か大丈夫じゃないかと言われれば大丈夫じゃないでしょう。
    通院している心療内科の先生に話をしたら薬が増えると思います。
    でも、なぜかこれでいい気がしました。

    要は自分でできることなんてこれぐらいなんだと。
    これ以上がんばろうとすればどこかにしわ寄せがくるものだと。

    そうだ、なかべ学院と下関大平学園の18歳の子が卒業して巣立つ時期だ。
    例年のごとく餞別を贈ろう。
    名前をムスカ~ではなくぷくたんとして。
    ムスカよりは印象は良かろう。

    下関大平学園の方はノリが良いからマスコミに声をかけて貰うように頼んでみた。
    そして打ち合わせの日にちを取ってもらい訪問。
    私としてはぷくたんとして園長先生に餞別を渡すところを取材してもらったらぐらいに考えていた。
    これぐらいならOK出るだろうと。
    でもね、下関大平学園の方が私よりアホでしたよ。

    職員A←私とやりとりをする窓口になっている方(たぶん偉い人)が
    「どうせなら卒園式に来て直接手渡して貰いましょう」
    あ、この人頭オカシイ。
    園長「いいな!それ!そうしよう!スベったら無かったことにすればいい」
    あ、ぷくたんデビュー日が命日になるやつやこれ。
    というか潰しにかかってる。
    若い芽は摘んでおかないと的な。

    思わぬ形でデビューが決まったので下関大平学園バージョンのTシャツを作らないと!
    フリー画像を探っていたらいいのがあったんですよ。
    イラストAC > kumiさんのプロフィール
    無料イラスト素材 Mdesign211

    自称ヒーローを名乗る男からイラストを描いてくれなんて恐らく初めての依頼であろう。
    でもノリが通じたらしく快諾していただいた。
    ぷくたんの趣味の競艇のイラストも描いてもらった。

    で、完成したデザインがこちら。
    デザイン
    左が表面、右が裏面。

    「他力本願」は、自分で何もしないで人任せにしているといった悪い意味で使われているが、本来の意味はコレとは異なる。
    元々は浄土真宗の言葉で「他力」とは他人の力という意味ではなく、阿弥陀様のこと。
    「本願」は、我々どうしようもない愚かな人間を一人残らず極楽に連れて行くと誓いを立てた願いのこと。
    阿弥陀様の願いに身を委ねることが必要だということ。

    難しい話なので現実世界で分かりやすい例えがある。
    人間はよっぽど筋肉質でない限り、水に浮くようにできている。
    それを信じられず変な力が入って泳ごうとするから溺れるのである。
    ドラえもん(ぷくたん無関係、断じて無関係)に出てくるのび太くんがまさにこれ。
    対して水に浮くことを信じているのがクレヨンしんちゃんである。
    漫画の中でまつざか先生と海に落ちてしまうシーンがある。
    しんちゃんはジタバタせずに「口に空気を入れてダラーっとすると浮くよ」とまつざか先生に言いそれを信じたまつざか先生としんちゃんは助かったのである。

    この場合、「泳ぐ」という行為が「自力」であり、「浮かぶ」という行為が「他力」なのである。
    もちろん泳げる人は泳げば良い。
    だが永遠に泳げることはできない、それでも泳ごうとすると沈んでしまう。
    泳がなくても浮かべるのにそれを信じられなくて沈む。
    途中で島があって休めるのにそれを信じられなくて沈む。
    溺れかかっているのを見かけた救助のヘリや船が助けに来ているのにそれを信じられなくて沈む。

    海を人生に置き換えるとどうだろう。
    私はずっと泳ぎ続けていたのだと思う。
    仕事は割と早い方だし他の人からもそう評価されていたと思う。
    頑張るときは頑張ってたけど頑張り方が悪かったようだ。

    頑張るの語源を調べたら2つ意味があった。
    1つは「見張る」
    誰かが悪いことをしないかその場にとどまってじっと見張る→眼張る→がんばる
    もう1つは「我を張る」

    あぁこれだ。
    我を張ってたんだ。
    だから鬱病になったんだ。
    だから鬱病の人に「頑張れ」って言っちゃだめなんだ。
    鬱病の人に我を張れってそりゃ逆効果でしかない。

    何かわかった。
    がんばっちゃだめだ。
    もっと人の言うことを聞こう。
    出来るかな。
    出来るわこれ。
    だってヒーローだから。

    ヒーローになってよかった。
    なんかめちゃくちゃワガママにもなった気がするけど。
    できないものはできない。
    やりたくないものはやりたくない。
    嫌な気分になったものは嫌な気分になったもの。
    それを言ったら嫌われるんじゃないか。

    そんなことなかった。
    なんだ、ちゃんと言えば良かったんだ。
    出来ることは人の分までやってあげられる。
    誰だってそうだった。

    私はヒーローになりました。
    あとよろしく。

    あ、コイツアホや!私が何とかしてあげないと!
    そんな人達で溢れてました。
    こうなったらパチンコで言うところの確変モードです。

    確変ならいける。
    山口新聞が取材に来てる。
    華々しいデビュー戦だ。
    ハコ(会場)は80人ぐらいなんて上出来じゃないか。
    あがり症だけど他力本願の話で感動させてみせる。
    だってみんなが助けてくれたから。
    18時30分。
    予定より遅れている。
    ヒーローとは遅れてくるものだ。
    さあ、ショータイムの始まりだ。
    見せてやれ、その輝きを。

    スベりました\(^o^)/


    原因1、マイクを渡されたけどマスク内で声がこもってしまって聞き取れない。
    原因2、緊張しすぎ

    会場は埴輪の品評会と間違えるぐらいのポカーン顔。
    恥ずかしくて顔を隠したかったけど隠れてた!マスク便利!

    こんなダダスベリにさらに?マークを加えてくれたのが、ぷくたんを励ます会:京都支部支部長のりちおさんである。
    この企画に乗ってしまいぷくたんの口座に1万円ぶっこむ。
    卒園生7人に1000円分の図書カードをあげてくれ、残りは任せる。
    お、漢(おとこ)やわこの人(注:生物学上は女性です。)
    ちなみに任された3000円でうまい棒360本買いました。
    チョコ味もありました。

    で、ぷくたん超絶ゴミクズマイクパフォーマンスの後、餞別を渡す際に
    「京都の友達が図書カードとお菓子を寄贈してくれました」(お菓子は私が決めましたが)と伝えたときに
    時が止まりました。
    そして私は人の心が読めるようになりました。
    「なんで?なんでこの茶番に賛同する人がいるの?なんで京都?なんで?まとめはよ!」
    細かいことはええねん。
    エロ本でも何でも買ったらええねん。
    餞別も大事に取ったらアカンで、好き勝手使えや。
    お金は使ったときに価値が生まれるんやで。

    一通り手渡したらお役御免だが物足りないので去り際にこっちから幼稚園生に握手求めてたら職員Aに首根っこ掴まれてハケさせられましたよ。
    あ、この人これやりたかっただけや。

    そうそう、言い忘れたけど園長が今日の卒園式の構想は「今日はぷくたんが式をぶち壊します。その後でどうやって立て直すか職員の力量が問われます」と言っていた。
    えっと、来るのはムスカじゃないんですよ。
    自称だけどヒーローなんですよ。
    ぶち壊すってなんですか。
    立て直すってなんですか。
    園長の言う通りになりましたね^^
    完全に踊らされている。
    そりゃあやんちゃなこども達と毎日ガチで生きているんだ。
    ぷくたんを悪役にするなんてたやすいこと。
    でも悪役にしなくてもよくね!?

    クビ宣告でも文句が言えないデキたったが
    職員A「私の採点は80点。良かったですよ!ダメだったら島流しですけどね、アハハ」

    アハハじゃねーぞ!
    残りの20点は私がカッコつけようとがんばってしまった分であろう。
    これは確かに反省。
    身に染みた。
    じゃ、また来年リベンジしましょうね!で解散するはずだった。

    職員A「次は7月の夏祭りでヒーローショーですね」
    私「」

    応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。
    無事!?とは言えませんがデビューしました。
    これまた言い忘れましたがぷくたんの尾ひれが登場前に取れました。
    ですから「ぷくたん」ではなく「ぷくた」でした。
    これからもノープランでいきますのでお世話してください。
    これからも他力本願!

    【ひも付き寄付金】お正月映画大作戦【下関大平学園】

    下関大平学園へ行って、ひも付きの寄付金を贈った。ひも付き寄付金とは〇〇の為にのみに使ってくださいと使い道をこちらが決める寄付金のことである。そんなケチくさいこと言わずにポンと寄付したらいいじゃないかと思われるであろうがもちろんちゃんと考えた上でのことである。

    今回のひも付き寄付金の内容は「年末年始に保護者の元へ一時帰宅できない小学生以下のこども達を映画に招待する」為にかかる費用に充ててくださいというもの。ひもなし寄付金だと園が自由に使えるのだが、逆に言えば特定のこども達の為だけにお金を使うことはできないのである。

    最高のショーだと思わんかね!?もちろん私一人で考えたことではない。去年の2月頃に職員の方と合って話をして決めたのである。園にもよると思うが下関大平学園では大半のこども達は年末年始に保護者の元へ一時帰宅ができる。園に残ったこども達の内、中学生以上の子は友達同士で出かけたり部活に参加したりするのであまり心配いらないらしい。身動きが取れないのは小学生以下のこども達ということになり、映画に行くってどうよ!?って流れである。

    職員さんはあぶない刑事が観たかったらしいが残念ながらまだ公開されていない。というわけで妖怪ウォッチに落ち着いたようである。
    映画妖怪ウォッチ

    ザテレビジョン映画「妖怪ウォッチ」第2弾総力特集

    価格:842円
    (2016/1/5 08:43時点)
    感想(1件)


    VIPPER公認お菓子の相棒

    〔在庫アリ!〕【送料350円!】〔※コチラは3種セット〕 おかしな うまい棒 スティック パーティー 【 話題の クッキングトイ おかしなうまい棒スティックパーティー 】【 ポイント2倍!】【15Dec11P】【クリスマスSALE】【お歳暮にも】

    Twitter
    musukavipperをフォローしましょう
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    楽天ランキング
    検索フォーム
    楽天で探す
    楽天市場


    FC2ブログでお手軽アフィリエイト










    RSSリンクの表示
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。